黒岩亮一

セールスライターとして、社会的に価値のある商品を提供する中小企業の人材不足を解消したいです。このチームでなら実現できる気しかしません!

黒岩亮一

クスノセ・アンド・カンパニー株式会社
セールスライター 黒岩亮一

チームに入る前はどんな仕事をしていたの?

以前は教育系のNPOで働いていました。経済的困窮を抱えた家庭の子ども、不登校の子ども等に学習支援を行う仕事です。人数が少なかったので、経理・法務手続き、書類の作成、スタッフ募集・配置、各種機関とのやりとり、現場に出ての子ども・保護者の対応等、マルチにやっていました。

この仕事を選んだのは、大学4年の時に「普通に就職するの嫌やな~」と思い、興味本位で飛び込んだのがきっかけです。その時は「社会課題を解決する新しいビジネスを作れるんじゃないか?」といったワクワク感が原動力でした。

ただ実際に働いてみると、マイネタイズがうまくいかない壁に衝突しました。対象顧客層が高額商品を買えないので普通のビジネスより難しく、そこに対して自分にスキルがないから何もできない…といった歯がゆさを感じていました。

また、元々は裏方でのサポートを希望していたのですが、従業員が少なかったので、現場で対人援助の仕事をする必要もありました。対人援助の仕事はかなりのエネルギーを持っていかれ、基本1対1での対応なのでレバレッジが効かず、「これをずっと続けるのはしんどいな~」と思っていました。

セールスライティングを学び、チームで働くことを決めた理由

前職に就いていた頃に「このまま仕事をずっと続けるのはな~、かといって今から就職もな~」と悩んでおり、自分で起業することを考え始めました。今思えば相当甘い考えなのですが「リスクなく起業して好きなように働きたい!大きなことを成し遂げて注目されたい!」と思い、いろいろ調べているうちにセールスライティングに出会いました。

学んでいくうちにスキルアップのための実践の機会が欲しいと思い、レターを書ける機会を探していました。そうすると「セールスライター起業支援会」が見つかったので申し込み、「楠瀬健之パートナー養成会」にも参加しました。当時はこれ1本ではなく、アフィリエイトやコンテンツ販売の教材にも手を出していました。

そんな感じでしたが、起業支援会・パートナー養成会で楠瀬さんの講座や話を聞いていくうちにマインドが大きく変わりました。最初は起業して自分が注目されたいと思っていたのですが、楠瀬さんと働いて、社会的にインパクトが大きなことを実現する方がよっぽど魅力的だと感じるようになりました。そこで楠瀬さんのパートナーを目指そうと決めて、声をかけてもらったタイミングでパートナーになりました。

どんな仕事をしているの?

ネット広告運用を中心に様々なことを行なっています。ネット広告では、販売、オプトイン、アクセス集め、求人の目的で運用しています。他にも、メルマガ、FAXDM、サイトコンテンツ、ニュースレター、オプトインLP、販売LPのライティングを幅広くやっています。事業としては求人案件を中心となって回していく役割を担っています。手をあげれば事業・プロジェクトの責任者になれるので成長の機会満載の環境です!


一番得意なことは何?

ネット広告を運用してその結果の数値を分析し、状況を正しく把握して次の一手を考えることが得意な方かなと思います。ネット広告の運用ツールやAnalyticsの数字を見るのは苦痛ではなく、割とずっとやっていられます。数字を根拠に「ユーザーは何に関心があるのか、どんな不安があるのか、どんな導線を辿っているのか」といったことを考え、仮説を立て、次のテスト計画に反映させ、実施します。


自分が狙った通りの結果が出たときは純粋に面白いですね。軍師になった気分です(笑)結果が出なくても予想外の事実が見えてくると、それはそれで面白さがあります。
世の中にネット広告の運用会社はすでにたくさんありますが、ネット広告を運用して結果を分析し、次の一手を打つとなると「広告のコピーや、繋ぎ先のサイトのコピーは何を書けば良いのか?」となってくるので、それはセールスライターにしかできない仕事だと思います。

「ネット広告×セールスライティング」という、まだ世間で身につけている人が少ないスキルを磨けるのは魅力の1つです。

このチームに入って一番驚いたことと自分の変化

メンバーの全員が、自己研鑽意欲がものすごく高いことが驚きです。今までにそういった価値観を持つ集団を見聞きしたことがなかったので驚きました。誰もが現状に満足せずに、お金の為にではなく、純粋にマーケティングとセールスライティングのスキルを磨き続けるというのは、通常ではありえないことだと思います。

そんな環境で働くうちに、自分の中でスマート思考がなくなりました。効率よくやることが正義だと思っていたのですが、愚直な努力を積み重ねた先にしか本当のスキルがないことに気づいたので、「ずっとやり続けるのが当たり前」といったセットアップが出来上がりました。トップランカーも未だにスキルを磨き続けてるんだから、自分なんかが手を休めてる暇はないな…といった感じですね。

チームに入って一番やりがいのあった仕事は?

それぞれに新鮮な発見があり、やりがいがあるのですが、1つあげるとすれば、セールスライター事業でセールスライターキャリア講座のオプトイン広告を運用していたことは思い出深いです。半年間くらい1~2週間ごとにテストを繰り返して合計15~6回テストしましたね。

最初は画像を使ったFacebook広告を運用して、そこから「動画を入れたらどうか?」ということで動画広告を試してみたり、動画にしても時間を変えてみたり、サムネ画像を変えてみたり、スライドショーにしてみたり、いろいろテストさせてもらいました。ここまで多彩なテストができる案件もそんなに無いので、おかげで広告運用時の手札が増えたような気がします。

このチームでの成功や失敗

求人広告でIndeedという求人媒体を導入できたのは成功体験かなと思います。他の媒体よりも良い反応が出るようになりましたから。あとは、クライアントからお礼を言ってもらったり、「お客様から反応をいただけました!」「目標達成しました!」という声を聞くと、何か役に立てたことを実感します。まだそこまで劇的な数字を出した経験は無いので、そこはこれからの課題です。

失敗は対人的なところでよく感じます。クライアントにうまく説明できなかったり、クライアントの感情を感じ取れなかったり、場数の足りなさを痛感する場面があります。今後は機会を見つけて経験を積んでいきます。

働いている環境はどうですか?

通勤がないのはありがたいですね。たまに朝の電車に乗るのですが「毎日こんなん乗るん最悪やな…」と毎回思います(笑)あと、自分のベストパフォーマンスを発揮できる働き方ができると思います。どういったタイムスケジュールで進めるか、どういった順番で取り組むか、といったところがある程度カスタマイズできるので、そういう意味でも働きやすいです。

また、わからないこと、これで良いのかな?と思うことも、チームのメンバーに相談することができる安心感がありますので、伸び伸びと仕事ができます。

どんな社風ですか?

一番の印象は多様性があることです。年齢や職歴もバラバラなメンバーが、共通の価値観を持つことで同じ方向を向いて働いている印象です。チームという形ですが、できる人ができない人を補うのではなく、それぞれのメンバーに役割があり、自立した状態が前提にあって、より良いものを作るためにチームでサポートし合うというような感じかなと思います。

他のメンバーはどんな感じ?

すごく働く印象ですね。時間もそうですし密度もすごいです。「この人ちゃんと寝てるのかな?」と思う場面もあります(笑)また、セールスライティングとマーケティングが大好きなことが伝わってきます。時間を忘れて没頭する人ばかりな気がします。


何より、人間性が良い人しかいないと思います。自分さえよければ良い、楽して稼ごう、といった人がいないので、安心・信頼してこのチームで働き続けたいと思えます。

チーム楠瀬のここが素晴らしい!

セールスライターが集団でいることで、一人ではできない規模の仕事ができる点が素晴らしいと思います。どれだけすごいライターでもWEBの施策を全て1人で行うとなると、月に2~3社が限界かなと思います。その点チームだと可能性が無限に広がる気がします。1つでも多くの会社にDRMを取り入れてもらい、より良い商品・サービスが世の中に普及する、といったことを実現していくことはセールスライター集団の僕たちにしかできないのかなと思います。

このチームでどんな事を成し遂げていきたい?

求人案件をメインで任せていただいているので、そこを広く展開していきたいです。良い商品を売っているのに人手不足で潰れてしまう企業があるのは非常に残念に思います。まずは今の案件でしっかりと事例を作り、自分自身求人案件を進める上で必要なスキルを身につけて、一つずつ積み上げていきます。これからチームに入ってくれる人に「求人案件一緒にやりたいです!」と言ってもらえるようになるのが目標です。

このチームに向いている人、いない人

チームの価値観に対して、心の底から共感できる人が向いていると思います。無理矢理そこの価値観を合わせようとしても後々しんどいと思います。本心から「良いな」と思えるかどうか?というところは一度内省した方が良いのかなと思います。

また、自分で考えることができない人は、残念ながら向いていないと思います。言われた作業をコツコツするのが得意な人もいると思いますが、現状このチームでは一人ひとりが考えてアイデアを出さないと成り立たないので、成果を出せるかどうかに関わらず、積極的にアイデアを出して進めていける人でないと厳しいと思います。

あなたにとってセールスライティングとは?

マーケティングのアイデアを形にして実現していくスキルだと思います。アイデアだけだと机上の空論で終わってしまいますが、セールスライティングがあることでクライアントの理想が現実に変わるので、とても素晴らしいスキルです。

あなたにとってプロフェッショナルとは?

常に高みを目指す人です。現状に妥協せずに常に新しい挑戦をするのがプロフェッショナルだと思います。

セールスライターを目指す人や、すでにセールスライターだけど迷いを持っている人に何か一言

最低限のリスクヘッジだけして、できるだけ早く実践するのが良いと思います。クライアントを獲得する形でも、こういったチームの仕事でも、実際にやってみた上で自分がどう感じるのかを経験した上でキャリアを決めていくと良いのではないでしょうか。

・典型的な1日のタイムスケジュール
8:00 日報のチェック、その日のタスク確認
9:30 ネット広告分析・ライティング@図書館
12:00 昼食・休憩
13:00 ライティング・諸連絡@カフェ(打ち合わせ@自宅)
19:00 夕食・休憩
20:00 ライティング・リサーチ@自宅
23:00 1日の振り返り
24:00 就寝

・チームでの実績
Indeedの導入と運用
セールスライター事業オプトインCPAの改善
マーケティング代行ネット広告の運用
マーケティング代行各種ライティング
クスノセ・アンド・カンパニーサイト制作

・夢やキャリアプラン
1年後
求人案件を10件獲得し、求人案件対応チームを作り2〜3名のメンバーで運用する

2年後
求人案件を50件獲得し、求人案件対応チームを5〜10名のメンバーで運用する

3年後
求人セールスライター養成講座を開講し、展開する

> その他のメンバーを見る
> 外部パートナーを見る