MESSAGE

僕たちのことに興味を持ってくれてありがとうございます。

あなたがもし、
「KUSUNOSE&CO.に入れば、これから一生仕事に安泰で、ここにいさえすれば給料もどんどん上がっていく…」

そんな風に思っているのであれば、残念ながらウチのチームの一員としてセールスライターをやっていくのは向いてないので、他に行ってもらった方が時間を無駄にせず、お互いにとって有意義です。

でも、もしあなたが、

  • 「スキルはまだまだ低いけど、セールスライターの仕事がとにかく好きで好きで仕方がない。」
  • 「コピーを書いている時が楽しくて楽しくて仕方ない…」
  • 「1人では到底できない大きなことにチャレンジしたい…」
  • 「一生かけてこのスキルを磨いていきたい…」

というような、まさにコピーオタクのような方なら、きっと”ここ”はあなたにとってピッタリの場所になるはずです。

ようこそ、KUSUNOSE&CO.へ!

僕たちは、セールスライターのスキルこそ、この世界において、最も素晴らしいスキルだと心の底から信じています。

なぜなら、本当に社会を進化させるような素晴らしい商品サービスがあったとしても、世の中に対してその価値を100%正確に伝えることができなければ、使ってもらうことはもちろんのこと、知ってもらうことすらできません。

つまり、知ってもらうことができなければ、その商品サービスは存在していないことになってしまいます。

それに、正確に伝えたとしても、より劇的にその価値を伝えることができなければ、世の中に広く伝えていくことはできません。

なので、僕たちが身につけているこのセールスライティングのスキルを使い、社会を進化させるような素晴らしい商品サービスを伝えていくことに価値があると信じています。

そしてそれが、多くの人の暮らしを豊かにし、社会を進化させることにつながると信じています。

それができるのが、このセールスライティングのスキルだと信じています。

楽しみながら一生をかけてこのスキルを磨き続け、社会を進化させる商品サービスを世に送り出し、人々の暮らしをより豊かにしていく。

セールスライターとしてそんな働き方に興味があれば、ぜひ、続きを読んでください。

最初に伝えておきたいこと

〜仕事に対する価値観〜

まず初めに、僕たちの会社のことを伝える前に、あなたには僕たちが持っている仕事に対する価値観を共有したいと思います。

セールスライティングやマーケティングといった仕事をこの組織であなたとして、例えそれであなたがどんなに稼げたとしても、僕たちとあなたの仕事に対する価値観が合わなければ、いつかはその関係は破綻すると思っています。

仕事は主体的にやるもの、そして楽しみながら取り組めるもの

僕たちは、仕事とは主体的にやるものだと信じています。

僕たちは、どこまでいってもセールスライター集団です。
セールスライターという仕事は、クライアントのマーケティングを回していく仕事ですから、誰かの指示がないと動けないような受動的な人は、そもそもセールスライターとしてクライアントに価値提供をすることができないと思っています。

それに、日常で起きるすべてのことと一緒で、嫌なことやつまらないことをするのは苦痛以外の何物でもないですよね?

しかも、それが誰かに言われてやる仕事だったりしたら、もう、しんどい以外の何物でもないはずです。

でも、自分が取り組む仕事が本当に楽しいと思える仕事だったとしたらどうでしょう。
そんな仕事なら、誰かに言われなくても、率先して主体的に取り組むように勝手になるはずですよね。

なので、例えるならこの世界はプロアスリートの世界に似ています。
彼らは、0.01秒の記録を縮めることに人生の全てを捧げます。

なぜそんなことができるのかというと、その事が何よりも好きで楽しいからです。

もちろん、好きで楽しみながら取り組んでいる事であったとしても辛い時や苦しい時はあります。

だから僕たちは、

「セールスライティングやマーケティングのことが三度の飯より好き!」
「コピーを書いている時間が至福の時だ!」

っていう、もうコピーオタクのような人たちと一緒に仕事がしたいと思っています。

〜会社はどんな感じ?〜

僕たちの会社は、タイムカードで出退勤を管理したり、仕事の進捗を管理したりといったことを一切していません。

これは周りの人からは相当驚かれるのですが事実です。
なので、誰がいつどこでどんな仕事をしているかほとんど把握していません。

というのも、僕たちが目指す組織は、一人一人が実現したい自己実現をこの仕事を通して実現してもらいたいと思っているからです。

そして、それを実現するには一人一人の主体性がとても必要なことなのです。

そのために、僕たちはみんなの主体性が最も発揮されるように、管理でガチガチに固めるのがは無く、最低限の確認だけをし、あとは、それぞれのメンバーに全て任せるようにしています。

だから、はたから見たらとても自由な組織に見えます。

でも、自由とは何をやっても許されるということではありません。
逆に、自由だからこそ、自己管理が必要で主体性が問われるのです。

つまり、自由には必ず責任が伴うのです。

でも、勘違いして欲しくないのは、僕たちが言う責任とは、世間一般で使われる「罰」としての責任ではないと言うことです。

僕たちが言う責任とは、与えられたフィールドで与えられた仕事を全うすることを指します。

それを全うするために、当事者意識を持ち主体性を持って取り組めるかどうか。
そういうことなのです。

そして、そうした当事者意識を持ち、主体的に取り組むからこそ、個々の能力が最大限に伸びる信じています。

〜個人の成長が会社の成長〜

会社の成長とは、どこまでいっても、そこで働く人の成長に比例します。
人の成長が伴わない会社の成長は、本来あるべき形ではないので、長くは続きません。
どこかで無理が生じ破綻することになるでしょう。

例えるなら、ドーピングして競技に勝つみたいなものです。
本来の実力を薬の力で手に入れても、それは一瞬だけのもの。
いつかはその代償を払わなければいけません。

だからも僕たちは、個々の能力の成長が会社の成長だと言い切るのです。
そして、僕たちの世界は、関わる人によって、それこそ何十倍も成果が変わってくる世界です。

だから、セールスライティングやマーケティングのことについて学ぶのがめんどくさいと思うような人や、会社がその機会を提供するべきだ、なんて考えている人には向いていません。

なぜなら、能力とは、自分の意思で身につけようとするから最大限の能力が身についてくるわけですから。

〜こんな人には向いていません〜

残念ながら、仕事よりもお金が第一優先の人や、お金のためにこの仕事をしている人は、ウチの会社には向いていません。

もちろん、お金は大事です。
お金を稼ぐこと自体は何も悪いことではありませんし、むしろ健全な考え方です。

でも、お金とは社会に対して提供した対価として自然とついてくるものです。
価値が提供されていないのにお金を稼いでしまうと、ほとんどの場合、長続きしません。

なので、思考が「お金を増やすためにどんな仕事をするか」では、稼ぎたいと思ったお金が稼げなくなってしまうわけです。

だから、そうでは無く、いかに自分の能力を伸ばすか、どうすればもっと価値提供できるか、そういう考えを持っていないと、ウチの組織には合いません。

要は、この仕事が好きだからこの仕事で稼げるようになりたいと思っているのか、お金が好きだからこの仕事を選んだのかの違いです。
もしお金が好きなのであれば、もっといい仕事はたくさんあります。

ウチはこんな価値観や文化の会社ですが、それでもここで働いてみたいと思いましたか?

ここまで読み進めたあなたは、かなりウチのことに興味を持ってくれている人なのだと思います。

本当に、セールスライターとして仕事をしたいと思っている、セールスライターの中でも特にやる気があり、しかも、コピーを書くのが好きで楽しくて仕方がない、といったちょっと変わった人なのだと思います。

でも、ウチのことに興味を持ってくれたのは本当に嬉しいことなのですが、ウチに入るかどうかはもう一度よくよく考えてみてください。

なぜなら、自分と価値観が合わない会社に入ってしまうと、結果として数年で辞めることになることがほとんどなので、本当にウチの価値観や文化が、あなたにとって最高の場所なのか今一度冷静に考えてみてください。

それでもウチで働いてみたい!と思ったそこのあなた。

もしあなたが、社会に本当に価値を提供できるスキルを身につけ、この仕事を一生の仕事としていきたいと思ったのならば。
そしてそれを、ウチのチームで成し遂げたいと思ったのならば。
そしてその覚悟を決めたのならば。

あなたを迎え入れる準備が僕たちにはあります。

以下のリンクに、僕たちの研修プログラムの案内があります。
まずはそれを確かめてください。

そして、それでも、本当にウチでセールスライターとしてやっていきたいと思ったのならば、ぜひ申し込みをしてください。

あなたと働ける日を楽しみにしています!
楠瀬健之